海外旅行・海外出張のワクチン、予防接種

メインビジュアル

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目8−番2号 鉄鋼 ビルディング 地下 1 階

お問い合わせ03-6268-0079

A型肝炎ワクチン hepatitis-a-vaccine

A型肝炎について

A型肝炎ウイルスの経口感染によって発症する急性肝炎で冬から春に多く発生がみられます。小児では感染しても症状が出ない不顕性感染で終わることが多く、発症しても発熱・軽い黄疸が出る程度ですが、成人ではほとんどが発症し、38℃以上の発熱・全身倦怠感・下痢・黄疸の症状が現れ、完全に治癒するまでには1~2ヶ月の治療を要する疾患です。稀に劇症肝炎や急性腎不全を引き起こすことがあります。

日本では近年、生活環境の整備により患者発生が激減したことにより、感染の機会が減少し、その結果として2014年現在、60歳未満の世代ではA型肝炎に対する免疫がほとんどみられなくなりました。A型肝炎が流行している地域や、海外のA型肝炎常在地への旅行・出張等長期滞在の場合などにワクチン接種が勧められています。食品を取り扱う人々の感染予防・感染の拡大予防にも有利と考えられます。

ワクチンの特徴と副反応

このワクチンは、A型肝炎ウイルスを培養細胞で増殖させ、それを精製・不活化したものです。基礎免疫をつけるには一定の間隔で2~3回の接種が必要です。副反応は、注射部位の疼痛・発赤・そう痒感・腫脹(はれ)・硬結(しこり)・圧痛などがあります。その他、発熱・倦怠感・頭痛・頭重感・下痢・熱感・全身筋肉痛などがあらわれることがあります。

これまでに重篤な副反応の発生は認められていませんが、このワクチン接種によって、このような症状が認められたり、疑われた場合は、すぐに医師に申し出て下さい。なお、健康被害(入院が必要な程度の疾病や障害など)が生じた場合については、健康被害を受けた人又は家族が独立行政法人 医薬品医療機器総合機構法に基づいて救済手続きを行うことになります。

予防接種を受けることができない方

① 明らかに発熱のある方。(通常は37.5℃を超える場合)

② 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方。

③ 過去にA型肝炎ワクチンの接種を受けて、アナフィラキシーを起こしたことがある方。

なお、他の医薬品投与でアナフィラキシーを起こしたことがある人は、予防接種を受ける前に医師へその旨を伝え、判断を仰いでください。

④ その他、医師が予防接種を受けることが不適当と判断した方。

予防接種を受けるに際し、医師とよく相談しなくてはならない方

① 心臓病・腎臓病・肝臓病・血液疾患などの基礎疾患がある方。

② 発育が遅く、医師・保健師の指導を受けている方。

③ 風邪などのひきはじめと思われる方。

④ 予防接種を受けたときに、2日以内に発熱がみられた人及び発疹・じんま疹などのアレルギーを疑う症状がみられた方。⑤ 薬の投与又は食事で皮膚に発疹が出たり、体に異常をきたしたことのある方。

⑥ 今までに痙攣を起こしたことがある方。

⑦ 過去に本人や近親者で、検査によって免疫状態の異常を指摘されたことのある方。

⑧ 妊娠中又は妊娠の可能性のある方。

予防接種を受けた後の注意

① A型肝炎ワクチンを受けた後30分間は、急な副反応が起こることがあります。医療機関にいるなどして様子を観察し、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。

② 接種部位は清潔に保ちましょう。接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすらないようにしましょう。

③ 接種当日はいつも通りの生活をしましょう。激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

④ 万一、高熱や痙攣などの異常な症状が出た場合は、速やかに医師の診察を受けて下さい。

料金表

ワクチン名 製品 価格(税別)

A型肝炎ワクチン(国産ワクチン)

エイムゲン

¥7,500

A型肝炎(輸入ワクチン)

Havrix® Avaxim®

¥12,500

東京ビジネスクリニック トラベル外来

100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目8番2号
鉄鋼 ビルディング 地下 1 階

  • JR線 東京駅八重洲北口から徒歩3分
    地下鉄:浅草線・銀座線 日本橋駅A3出口から徒歩2分
    地下鉄:半蔵門線 三越前駅B2出口から徒歩2分
    地下鉄:東西線 大手町駅B10出口直結

  • お問い合わせ03-6268-0079

診療時間
-
【休診日 : 年中無休】

… 夜間診療・休日診療対応

Translate »